必ず役立つ事前準備

ご葬儀は突然に訪れます。
誰もが、御身内の方の御不幸は考えたくない事ですが、実際、愛する方を送り出すことになれば、限られた短い時間の中で、様々な準備や決めなければならない事項が沢山あり、お送りの際忙しく過ごさなければなりません。
花岡葬祭ではお葬式全般のご相談をお受けし、ご葬儀のサポートをいたします。
もしもの時。慌てない為の準備をご紹介いたします。

1.住所・謄本を調べておきましょう

お亡くなりなったら役所に死亡届を提出しなければいけません。
その際、故人の住所・本籍・筆頭者等の情報が必要となります。
本籍が分からないケースがございます。
一度きちんと調べておきましょう。
本籍が遠方の場合、葬儀後の手続きが遅くなります。
時間があれば現住所に移されたほうが良いでしょう。

2.お葬式に使用する遺影写真を選んでおきましょう

もしもの時は、バタバタしてゆっくり写真を選ぶ時間もありません。
それによりピントが合っていない写真やご本人らしくない写真になってしまいます。
御遺影写真は後に残るものです。参列の方皆様がご覧になりますので、できるだけ綺麗な写真を選びましょう。

3.緊急用に連絡先の名簿を作成しておきましょう

いざとなると誰に連絡したらよいのか、本人の会社関係や友人知人の連絡先等はなかなか分からないものです。
事前に会社の名簿や年賀状等で連絡先を調べておき、連絡先の一覧表を作成しておくとよいでしょう。
親戚等も漏れがあると後々もめごとの原因になりかねません。
親戚用も表にしておくと安心です。
把握することにより会葬者の人数等予想がたてられ、かかる費用などが算出できます。

4.寺院(宗教)の決定をしておきましょう

まず家の正式な宗派が何かきちんと調べておきます。
分からない場合は、親族に聞けば、分かると思います。
花岡葬祭では、仏式、神道式(神葬祭)、キリスト教式、また無宗教など様々な宗派の葬儀を行う事ができますので、詳しくはスタッフにご相談下さい。

5.喪主を決めておきましょう

葬儀の準備は、喪主を中心にすすめていきます。
一般的には故人の配偶者が喪主となります。
しかし、配偶者がご病気やご高齢などで喪主を努めることが難しい場合は、息子や娘、親、兄弟姉妹など血縁関係の深い人から選びます。